臺灣四季

臺灣四季

《臺灣四季》は著名な作曲家の關迺忠が台湾国楽団の委託を受けて創作した作品です。關迺忠は台湾と中国大陸の両岸で著名な音楽家であり、左手で楽譜を書き右手で指揮をする浪漫派の音楽詩人として称賛を浴びています。この曲目の創作インスピレーションは、台...

台湾オペラ奇想曲

台湾オペラ奇想曲

台湾の作曲家黃振南が創作した《歌仔主題隨想曲》は、編曲に歌仔戲(台湾オペラ)の〈大調〉、〈都馬調〉、〈哭調〉、〈七字調〉を取り入れている為、台湾の観衆に親近感を抱かせます。従ってこの作品は地域色豊かな台湾独特の人文スタイルを代表する作品と言...

巾幗・華麗緣

巾幗・華麗緣

戦争は歴史を扱う舞台において絶えることのないテーマであり、戦争を取り巻くものは男性の力強い息づかいと殺戮です。戦争における女性の役割はいったい何なのでしょうか?劇作家の施如芳は「戦争を生きた女性」という視点から、ルイジ・ピランデルロの代表作...

水袖とルージュ

水袖とルージュ

この劇は従来のものとは違い、下地となった伝記や物語がありません。脚本家の王安祈は「全くの想像から誕生した物語」だと言っています。 舞台は虚構の世界「梨園仙山、戯劇王国」で起こります。ここに住む人々は歌うように話し、鑼鼓點(中国の伝統打...

百年の舞台

百年の舞台

本劇の初演は2012年でした。中華民国建国百年祝賀の大作として、編劇王安祈、周慧玲、趙雪君らにより京劇梨園行の特殊な視点から試行されたもので、観衆に近代中国の歌い、泣ける梨園史の回顧を促します。 劇中で描かれている重要な部分は「191...

富士額

富士額

本劇は台湾豫劇団の2003年《曹公外傳》に続き、二つ目の台湾本土の物語を題材にした作品です。脚本は劉慧芬で、王瓊玲の同名小説《美人尖》を改編したものです。嘉義県梅山郷の山荘風景を背景に、「美人尖」と呼ばれる高い額の主人公「阿嫌」を描いていま...

風獅子の伝説

風獅子の伝説

《風獅爺傳奇》は作曲家蘇文慶が、楽曲によって金門文化の様相を表したものです。台湾の離島金門は、古くから原始の草木が生い茂り、各時代で起きた災害や伐採、戦争により土地の様相が変化してきました。砲弾がもたらす脅威や、吹き付ける砂が金門の住民に危...

巫女の花嫁

巫女の花嫁

本劇は第九回台新芸術賞にノミネートされた作品で、神話と原住民の伝説を融和させたものです。 花帕族の巫女媚金は神職に就いており、高貴で部族の尊敬を集める身分でした。しかし、それゆえに他の人々のように平凡な情愛を追い求めることができず、孤...

gotop