ホーム   /   政府ウェブサイトデータ開放宣言

政府ウェブサイトデータ開放宣言

   

一、認可方法及び範囲

広く各方面でウェッブサイトのデータ利用を促進するため、国立伝統芸術センターポータルサイト上掲載されている、著作権保護を受ける範囲の全てのデータと素材は、これを無償かつ非専属で再利用許諾をする方法により、公共利用を提供します。時間と地域に関らず、使用者によるコピー、改作、編集、公衆送信やその他の方法による利用、また各種商品やサービス(価値が付加された派生的著作物と呼ぶ)の開発は、後からこの利用許諾行為を撤回されることはありません。また、使用者は本機関に書面またはその他の方法による再利用許諾を求める必要はありませんが、使用時においてはその出典を明記してください。

 

二、関連事項の説明;

(一)本利用許諾範囲は著作権保護を受ける範囲に限ります。その他の知的財産権(特許、商標、機関のマークの提供)はそれに含まれません。

(二)当事者が自ら公開する或いは法令により公開された個人情報を、他者に収集されたり、処理或いは利用された場合、使用者自らが、個人情報保護法の規定にり、法律が要求する通りに企画並び執行しなければなりません。

(三)一部の映像及び音声、画像、楽譜、個別事案の文章やその他の著作については、機関が特別に声明を出すことで、使用者が事前に同意を得る必要がある場合もあります

 

三、第三者の著作権、人格権(氏名表示権及び不当改変禁止権を含む)の侵害がないよう、注意しなければなりません

 

四、本利用許諾が提供するデータや素材を使用する際、悪意を持ってその関係資料を改変してはいけません。もし使用後に展示された資料と、元データや素材が異なる場合、使用者自らが民事、刑事上の法的責任を負うことになります

 

五、本ウェブサイトの利用許諾は、使用者が本機関の意見を代表することを許諾するものではなく、価値が付加された派生的著作物の地位を認可、賛同するものではありません

 

gotop