ホーム   /   クラシック演目

クラシック演目

字級

メール Close

百年の舞台

百年の舞台
  • 資訊
  • 地圖
    • 2011/04/22 19:00 ~ 2011/04/22 21:00
    • 地點:台北市松山區八德路3段25號
    • 費用:付費 | 主辦單位:国光劇団
本劇の初演は2012年でした。中華民国建国百年祝賀の大作として、編劇王安祈、周慧玲、趙雪君らにより京劇梨園行の特殊な視点から試行されたもので、観衆に近代中国の歌い、泣ける梨園史の回顧を促します。

劇中で描かれている重要な部分は「1910年代男旦盛行(1910年代男旦の興隆)」、「1930年代海派京劇發展高鋒(1930年代海派京劇発展の頂点)」及び「1970年代文革浩劫巨變(1970年代文化革命の破局と変化)」など3つの時代の断片にあります。百年来の京劇の修業や、京劇に携わる人々の生活の苦しさに言及するとともに、劇中と劇外を倒錯して「人情冷暖(人間模様)」と「滄海桑田(世の無常)」を表現しています。

表現形式に於いて、本劇は従来の国光劇団自作の京劇を主軸に据えた新劇の殻を破り、セリフの代わりにオペラを多く用いています。劇中で語られるのは自身の生い立ちで、描かれているのは一座が時代の荒波をいかに生きてきたかであり、劇中の人物が心を打たれたり、劇の練習について深く吟味するたびに、思わず口をついて出る声、無造作に行う動作が当時の様子を表す熟練された演技なのです。それゆえに、本劇中にはほとんど新しく創作されたオペラがないにも関わらず、観衆は視覚的にも聴覚的にも相当な満足を得ることができるのです。
 主題  戯曲
 種類  京劇 
 作品英語名称   One Hundred Years onStage
 上演団体  国光劇団 
 スタッフ   芸術総監督/編劇:王安祈、音楽指導:李超、編劇:周慧玲、編劇:趙雪君、演出:李小平、作曲:周以謙、舞台美術:傅、照明:任懷民、衣装:蔡毓芬、役者:魏海敏、役者:唐文華、役者:溫宇航、役者:盛鑑、役者:劉海苑、役者:朱勝麗  
 字幕  中国語、英語
 初演   2011年4月22日 
 上演場所  城市舞台 台北
 上演時間  160
 映像提供  国立伝統芸術センター、財団法人公共テレビ文化事業基金会、国光劇団 
 その他の代表作品   水袖與胭脂孟小冬金鎖記閻羅夢天地秀才 

推薦活動

gotop