ホーム   /   クラシック演目

クラシック演目

字級

メール Close

巾幗・華麗緣

巾幗・華麗緣
  • 資訊
  • 地圖
    • 2013/05/10 19:00 ~ 2013/05/10 21:00
    • 地點:台北市松山區八德路3段25號
    • 費用:付費 | 主辦單位:台湾豫劇団
戦争は歴史を扱う舞台において絶えることのないテーマであり、戦争を取り巻くものは男性の力強い息づかいと殺戮です。戦争における女性の役割はいったい何なのでしょうか?劇作家の施如芳は「戦争を生きた女性」という視点から、ルイジ・ピランデルロの代表作《作者を探す六人の登場人場》で使われたメタ演劇の構造を取り入れた作品を創造しました。

古今東西戦争と命運を共にした女性を数え上げ、劇中の「劇作家」役と「男性「旦角」演者」の対話を借りて論争を繰り広げます。楊貴妃、李香蘭、海倫、呂后、阿市、孫尚香、穆桂英、楊金花などの物語に新解釈を与えると同時に16歳の豫劇皇后を王海玲に演じさせ、台湾における豫劇存続の危機を救い成功した《楊金花掛帥》を主題にして、名優王海玲が自らの演劇生涯を回顧します。

現代劇場出身の演出家劉守曜はこの劇で戯曲の要素と現代戯劇との融合を試み、さまざまなタッチの異なる表現方法、例えば、話劇、はやりの舞踏、夜上海のミュージカル、人形劇、豫劇の伝統的「段子」などを用いています。全劇を三千年の時空の道が貫き、聴衆は豫劇俳優の全能とも言える演技の潜在能力を見ることでしょう。
 主題  戯曲
 種類  豫劇 
 作品英語名称   Women Are Renamed 
 上演団体  台湾豫劇団 
 スタッフ   芸術総監督:韋國泰、編劇:施如芳、演出:劉守曜、演出補助:殷青群、音楽:左奇偉、楽曲:陳玉平、電子音楽:謝曉娣、衣装:林恆正、舞台美術:王孟超、照明:黃諾行、主演:王海玲、主演:蕭揚玲 
 字幕  中国語、英語
 初演 

 2013年5月10日 

 上演場所  城市舞台、台北 
 上演時間  172
 映像提供  国立伝統芸術センター、台湾豫劇団  
 その他の代表作品   / 花嫁巫娘美人尖 劉姥姥 

推薦活動

gotop