ホーム   /   クラシック演目

クラシック演目

字級

メール Close

金蛇狂舞

金蛇狂舞
  • 資訊
  • 地圖
    • 2010/05/05 19:00 ~ 2010/05/05 21:00
    • 地點:臺北市中正區中山南路21-1號
    • 費用:付費 | 主辦單位:台湾国楽団
《金蛇狂舞》は歓喜に満ちた曲です。楽曲の雰囲気は明朗で奔放、それに激しい銅鑼の音が加わり、とても賑やかです。このため「金蛇」と命名されました。毎年旧正月を祝う春節の期間には街中からこの曲が聞こえてきます。

しかし、この曲が誕生した背景はけして歓喜に満ちたものではなありませんでした。1934年の中国上海は、国を揺るがす危機が迫っていました。しかし、人々は享楽に溺れ世の中のことに関心を持っていませんでした。作曲家の聶耳はこの状況を憂い、健康的な楽曲を創作して人々の心を奮い立たせようとしたのです。例えば《義勇軍進行曲》や《金蛇狂舞》といった作品はこのような趣旨で発表されました。

彼は民間楽曲〈倒八板〉を元に、平穏な曲に手を加えて、激昂した迫力のある曲調に変身させました。三つの旋律が重なり合っているだけなのに少しも単調ではないこの曲は、第三旋律で「螺螄結頂」手法(民族器楽の創作手法)を用い、前後のフレーズと呼応させ、フレーズの幅を次第に狭めていく手法で、曲全体を高揚させていきます。あたかも音楽を聴いた一匹の金の蛇が体をくねらせて踊りつつ、速度を増しながら旋回して空に昇っていくようです。楽曲名の《金蛇狂舞》はここから付いたといわれています。
 主題  音樂
 種類  國樂 
 作品英語名称   Golden Snake Dance 
 上演団体  台湾国楽団 
 スタッフ   作曲:聶耳、編曲:徐景新、指揮:蘇文慶、演出:台湾国楽団 
 上演時間  310
 映像提供  台湾国楽団、国立伝統芸術センター  
 その他の代表作品   風獅爺傳奇歌仔戲隨想曲山樂臺灣四季 

推薦活動

gotop