ホーム   /   センター紹介   /   台湾国楽団

台湾国楽団

紹介

台湾国楽団は文化部に所属する唯一の国家レベルの国楽団で、国立伝統芸術センターに属します。国内国楽会の精鋭によって組織されており、伝統の探究と、本土に軸足を置き、現代社会を取り込むことを指向しています。台湾伝統音楽に根ざした創作を通し、台湾の美学と味わいを届ける演出を用いることで、台湾の伝統及び現代音楽の地位向上を目標として、国際舞台において芳醇な音楽で台湾の美を深化させています。台湾国楽団の前身は1984年に教育部が設立した「国立芸専実験国楽団」であり、国家と文化、民族と音楽、理論と実務、教学と演奏など学術研究と発展を主旨としています。2008年1月より国立中正文化センターに管轄変更になり、同年3月「台湾国家国楽団」と名称変更されて行政院文化建設委員会の所属となりました。2012年5月文化部の設立に伴い、「台湾国楽団」へ正式に名称変更されました。

 

2013年、2014年には、閻惠昌を主席客員指揮に招聘し、2015年より音楽総監督として招聘しました。近年は「国楽を通して台湾で最も美しい音楽物語を伝える」、「その土地で題材と人材と得る」、「音楽で世界と台湾を繋ぐ」などの理念を推し進めて、台湾国楽団のブランドと精神を立ち上げています。台湾国楽団の演出、戯劇融合、舞踏、美術、詩、文学などの各要素はイノベーションと伝統を兼ね備えており、数年前より多くの音楽CDアルバムを出版、2011年には《臺灣四季》、《心花兒開滿年》が第22回伝統及芸術音楽金曲獎(ゴールデンメロディ賞)最優秀民族音楽アルバム賞と最優秀アルバムパッケージ賞を受賞、2012年には《心動.聲動》が第23回伝統及芸術金曲獎最優秀音楽アルバム、優秀映像音楽出版、最優秀作曲者賞にノミネートされるなどの成果が表れています。

 

さらに楽団全員が伝統音楽の普及に努めており、毎年地域や学校に出張して慈善巡回演奏を催すなど、伝統音楽を用いて国民生活を豊かにしています。また、長年にわたり国家文化外交の大使を担っており、ヨーロッパやアメリカ、アジアの各国都市に演奏に赴いて、心に響く楽曲を届けています。

gotop