ホーム   /   よくあるご質問

よくあるご質問

国立伝統芸術センターの業務を紹介してください
国立伝統芸術センターは伝統芸術の人材育成を担い、伝統芸術の調査、研究、保存、継続と発展、伝承と創出などの業務を行います。国光劇団、台湾豫劇団、台湾国楽団、台湾音楽館の4つの出先部署を下部組織としており;さらに伝芸宜蘭園区、台湾戯曲センター、高雄伝芸園区を擁しています。
また、現代伝統芸術の人材育成に重点を置き、存続と発展のための良質なエネルギーを提供して伝統芸術の基盤の保持と活性化を図り、文化資本を文化資産に転換し、台湾の伝統的な舞台芸術を更に一歩国際舞台へと押し上げることを目標としています。
伝統芸術センターが伝統芸術人才の育成については、どのような計画を実施していますか?育成の成果をどこで調べられますか?
伝統芸術人才の育成は当センターの核的業務である為、人才育成に関する計画及び実施の成果は当センターのホームページで(http://www.ncfta.gov.tw/)【人才育成】のメニューから調べ、更に育成計画や人材庫の選択メニューからそれぞれの計画内容及び執行成果を調べられます。
伝統芸術センターの記録と図書資料をどのようにして申し込み、利用できるのですか?
国立伝統芸術センターが著作の知的財産権を持つもの、或いは、合法的に権利授与される各種類の記録と図書資料は申請者の身分を問わず、どなたでも利用できます。調べたいときは、記録や図書資料の検索システムを利用し、調べられます。 (http://collections.culture.tw/ncfta_collectionsweb/Default.aspx)までに当センターの記録や図書資料を利用権限授与を申込みたいときは、国立伝統芸術センターの図書資料利用権限の作業要点ガイドを調べ、 (http://www.ncfta.gov.tw/information_88_44483.html)そして、価格計算基準をも調べ、申込書と具申書を記入し、申請資料を当センター(宜蘭縣五結郷五濱路二段201号総合企画チームまでに郵送)或いは、以下のEmail:d021007@ncfta.gov.tw。
までに権限授与の関連問題を質問しても宜しいです。電話番号:(03)970-5815#2349、Email:d021008@ncfta.gov.tw。
国立伝統芸術センターにて実習、研修したいなら、どうやって申請できますか?
当センターは学生達の短期実習及び伝統劇・音楽範疇の実務人材に対しては、それぞれ、「国立伝統芸術センター短期実習作業要点」が決められ、(http://www.ncfta.gov.tw/information_88_44459.html) 及びに「国立伝統芸術センター専業実習作業要点」(http://www.ncfta.gov.tw/information_88_44468.html)までに詳細規定を調べてください。当センターにて実習の意欲がある方々は、先ず、作業要点の規定を参考し、更に協力が必要と思えば、当センターん総合企画チームまでに電話で質問してください。(03)970-5815内線番号2349までにご連絡下さい。
伝統芸術センターが主催する各演出情報をどうやって調べられますか?
当センターのホームページで(http://www.ncfta.gov.tw/)【展演節目】のメニューを調べ、都合の良い時間帯、場所及び演出内容を選び、簡単に調べたい演出情報を探せるのであります。
伝統芸術センターの家族は各地での演出情報を以上のホームページで調べられますか?
当センターのホームページ(http://www.ncfta.gov.tw/)【展演節目】のメニューから「センター本部」、「台湾音楽館」、「国光劇団」、「台湾豫劇団」、「台湾国楽団」等の各部門を選択し、当伝統芸術センターの家族は各地においての演出案内情報を調べられます。
貴センターに所属する団隊の演出をお招きしたいときはどうすれば宜しいですか?
若し、当センターに所属する国光劇団、台湾豫劇団及台湾国楽団の演出をお招きしたいときは、以下のページ(http://www.ncfta.gov.tw/)の下にある各部門の連絡情報を調べてください。当方の職員は詳細をご説明を致します。
伝芸宜蘭園区のサービス情報はどうやって調べられるのですか?
現に伝芸宜蘭園区は統一グループの全聯善美的文化藝術基金會に経営を委託しており、この園区のサービスに関する情報は国立伝統芸術センターの活動通知のページで調べられます。(http://www.px-sunmake.org.tw/activity/newslist.html)
伝統芸術センターの資料館の入館手続きを教えて下さい。日頃の開始時間は何時からですか?
1.当館がサービスを提供する主な対象は伝統芸術の関連範疇の研究者或いはその仕事を従事する方々、又は当センターの人員であるが、外部利用客は、3日間前に(国定休日及び土日を含まず)入館予約申請の手続きをして下さい(インターネット予約制):http://event2.culture.tw/NCFTA/portal/ArtistSpace/R0501MAction)。
2.開放時間:月曜日から金曜日まで、09:00-17:00(国定休日及び土日は対外開放致しません。)
前に申請した伝統芸術センターの資料館の図書カードは今も使えますか?
本センターは2015年1月1日から図書カードを持参して入館する規定を取消した為、旧い図書カードは使えなくなります。2016年8月から、入館は予約申請制度を採用しています。外部の方が入館したいなら、3日間前に(国定休日及び土日は含まず)入館予約申請の手続きをして下さい(インターネット予約制):http://event2.culture.tw/NCFTA/portal/ArtistSpace/R0501MAction)更に、資料を調べたい当日にご本人の身分証明資料を使って入ることは出来ます。
1 2
gotop